広島のいわさき司法書士事務所では相続手続き全般の相談・相続放棄の手続きなどをご相談いただけます。

相続放棄について

相続する財産のうち、明らかに借金のほうが多い。 本人の借金ではないが、生前に多額の借金の保証人になっていた。 このような場合は相続放棄という方法があります。

相続放棄をすることにより、借金・保証債務を支払う必要はなくなります。
ただ、プラス財産(お金や不動産)も放棄することになるますので、注意が必要です。
財産のほうが多いのか、借金のほうが多いのかわからない場合は、限定承認という方法もありますので、お気軽にお問い合わせください。

このページの先頭へ